社員インタビュー

リーダー

尻無浜 顯快 (しなはま あきよし) 2015年入社

尻無浜 顯快 (しなはま あきよし) 2015年入社

確固たる理念のある企業で自分の可能性に挑戦する。



人を大切にする企業に将来性を感じて入社。



 入社するまでは、同業の別法人で6年間アルバイトとして働いていました。そろそろ真剣に自分の将来のことを考えなければと、正社員として働きたいと思っていた頃に、近くに当社の店舗が出店しました。星和は他の企業に比べて経営理念や社風に共感できることばかりで、「社会人」としてまた「人」として成長できると感じたことが入社の決め手です。また、会社の考えが詰まった「星和イズム」があり、その中の一つの「人を大切にする」という理念に基づいて経営しているという点に魅力を感じております。
 現在は入社してから、接客だけではなく、職場のリーダーとして従業員への教育を主に任されています。その他、月に一度行うイベントで配布するイベントの企画や、店内ポスター類の作成など、幅広い業務を任されています。





接客が何よりのやりがい。コミュニケーション能力も向上。

 この仕事がやりがいを感じる時は、やはりお客様と接客をしている時です。遊技機に関しての専門的な内容を、お客様と話ながら情報交換したり、何気ない会話を楽しんだり、自分が一番興味を持っていることで、お客様と話ができるのは嬉しいですね。最近では後輩も増え、教えることも愉しくなっています。教育することで、仕事を覚えたり、またその後輩がまたその部下を教育している姿を見ると嬉しくなります。
 その一方で、初めて社会人として働くようになり、苦労したのが言葉遣いです。なかなかアルバイト感覚が抜けきれず、お客様に失礼のない言葉が自然に出るまでは、先輩にも指導してもらいながら、かなり苦労しました。さらに、もともと人見知りなのですが、上司や部下、後輩や、お客様との関わりが増えることで、コミュニケーション能力も向上したと感じています。






自分の課題を自分で考えて解決していくことで、成長を実感。



 会社が定めている社員の目標が「克服」です。「自分から率先して苦手な分野に携わって、克服していこう!」というものです。私は強く意見を言えないところがあり、言うべき時に言えるようにならなくてはと思っていましたが、どうしてもできませんでした。そこで自分なりに考えて方向転換。相手の立場や性格を考えながら、自分が伝えたいことを、自ら気づいてもらえるように時間をかけて、じっくりと向き合っていくことにしました。そう努めるようにしてから少しずつですが、自主的に行動する従業員が増えはじめ、気づいてくれているんだと自信がつきました。
 今後は、まずはマネージャーになって、営業戦略などにチャレンジしたいです。さらに店舗運営のスキルを身につけて、将来的には店長に就き自分の店舗を持つことが今の目標です。そんな夢も自分次第でいくらでも実現できるのが、この会社の魅力だと思います。

一日の流れ

  • 16:00

    出社

    その日あった出来事の引き継ぎを行う

  • 16:30

    開店

    ホール管理。接客やスタッフの指導、遊技機のデータチェックを行う。

  • 19:00

    夕食

    食事は健康管理を目的にできるだけ自炊をし手作り弁当を食べるようにしている。
    従業員とのコミュニケーションをとる貴重な時間。

  • 23:00

    閉店業務

    お客様のお見送り後、売上計数、デスクワーク、ポスター等の販促物の作成などを行う。

  • 24:30

    退社

    普段から早めに寝ることを心がけている。

  • 休日

    部屋の掃除や洗濯、買い物、映画に行くことが多いです。又、連休を利用し友人と遠出をしてリフレッシュしています。