社員インタビュー

店長

井上 智貴 (いのうえ ともたか) 2011年新卒入社

井上 智貴 (いのうえ ともたか) 2011年新卒入社

好きな仕事だから頑張れる。高い目標に向かって前進あるのみ!



本当に興味のあることを仕事にしたい。



 大学で経済を学んでいたため、就職先では経営に関わる仕事がやりたいと思い、金融、運送、福祉と、さまざまな業界の研究しました。しかし、就職活動をする中で、最終的には自分に興味があることを仕事にしようと思うようになり、一番興味があったアミューズメント業界への就職を志望。会社説明会で星和と出会い、人を大切にする会社であることを知り、入社を決めました。
 入社後は、全店舗でキャリアを積み、たくさんの上司、先輩、同僚にも恵まれ、入社5年で店長に就くことができました。現在は、店長としてヒト・モノ・カネの3つの管理を任されています。ヒトは採用、教育、育成。モノは設備や機械の管理。カネは売上げや業績の管理などが主な仕事です。特に、従業員に対して、積極的に声をかけて、モチベーションを上げるようにしています。毎日、声をかけていると、ちょっとした変化に自然と気づくようになります。またお客様の変化にも気づくように、毎日、現場に出るようにしています。





店長としての役割と責任感がモチベーションにつながる。

 仕事のやりがいは、自分たちで考えて行動したことが、お客様に伝わり、成果が目に見えることです。例えば、お客様のニーズに合わせて、設備や機械を大幅に変更する事があるます。設備や機械の予算の管理もすべて店長の裁量に任されているのですが、何千万という予算を一度にかけることは少なく正直不安はありましたが、結果として業績も右肩上がりとなり、より多くのお客様に喜んでいただけていることが成果として現れ、やる気へと繋がる事ができました。
 正直、この仕事で辛いと思ったことはないのですが、スタッフの育成は難しいと感じています。10歳以上も年上の部下もいますし、逆に年下の上司もいます。感覚の違いなどもあるのでしょうが、真剣に言っているのに真意が伝わらなかったりと、日々、コミュニケーションの取り方を模索しながらも、全従業員が同じ方向に向かって進んでいけるよう、しっかりと舵を取っていかなければならないと責任感を感じています。






誰もが上位職を目指せる環境が魅力。



 店長の裁量は大きく、売上げだけでもひとつの中小企業の売上げに匹敵するほどです。それだけ管理業務に苦労することもありますが、続けていくうちに力もつき、業績に反映されるようになると、自分の自信にもつながっています。私は「人を大切にする」という星和イズムを体現している会社で働けることに誇りを感じており、将来は経営に携われるポジションに就くことを目標にしています。当社は自分の行動次第で、年齢、キャリア、性別に関係なく、上位職に就くことができる企業です。これからも、実績を積んでどんどん上を目指していきたいと思っています。

一日の流れ

  • 8:00

    出社

    通勤時間は車で15分。

  • 9:00

    朝礼後、ホール業務。スタッフとお客様とのコミュニケーションを図る。

  • 12:00

    昼食

    社員食堂でお弁当を食べる。

  • 14:00

    競合店の調査やメーカー様の展示会に参加、翌日の営業戦略を練ることに時間を費やす。

  • 16:00

    従業員との引き継ぎや、翌日の営業の準備。

  • 16:30

    退社

    帰宅後は妻とのんびり過ごす。

  • 休日

    妻と買い物に出かけることが多い。月に1度は連休を利用し遠出をする。
    年に1度の長期休暇制度を利用して、妻の好きなディズニーランドなどテーマパークに行き
    家族の思い出を作っている。